鑑賞眼

「V6」最終日ライブ 「LIVE TOUR V6 groove(ライブツアー ブイシックス グルーヴ)」

「LIVE TOUR V6 groove(ライブツアー ブイシックス グルーヴ)」最終日の6人(提供写真)
「LIVE TOUR V6 groove(ライブツアー ブイシックス グルーヴ)」最終日の6人(提供写真)

人気アイドルグループ「V6」が、26年の歴史に幕を閉じた。

全国9カ所を巡った最後のライブツアー「LIVE TOUR V6 groove(ライブツアー ブイシックス グルーヴ)」の最終日ライブは、一時代を築いたアイドルにふさわしいパフォーマンスだった。

メンバーがセットリスト、演出をプロデュース。最初の曲は「雨」で、幻想的な雰囲気から始まった。客席中央の舞台に長さ12メートルの白い6枚の布をつり下げ、それぞれの顔を投影。「TL」では重低音が響くなか、今のV6にふさわしい洗練されたダンスを披露した。1996年から2008年までの楽曲を振り返り、「分からないだらけ」など、ラストツアーのために新たに振り付けられた曲を挟んで、ユーロビートメドレー。「Sweet Days」では、募集したメッセージや映像を映し、26年間で培ったファンとの確かな絆を表現した。

ヒット曲メドレーでは、メンバーが会場をトロッコで周遊。それぞれソロのお立ち台ステージで、観客席のファン1人1人の顔を確かめた。最終盤の「目を閉じれば」は、今回のツアーのために作られた未発表楽曲で、メンバーからのメッセージが歌詞になっているという。

全41曲、出し惜しみ無しの全力パフォーマンス。年齢を重ねて、なお色あせないアイドルの輝きに、坂本昌行(まさゆき)、長野博(ひろし)、井ノ原快彦(よしひこ)、森田剛(ごう)、三宅健、岡田准一(じゅんいち)のメンバー6人全員がそろって歌うのは、この日が最後だと信じられなかった。

集まったファンは皆、そう思っていたはず。リーダーの坂本が「今日、この景色が最後ではなく、またこの景色を見られるよう、頑張っていく」と呼びかけると、会場から大きな拍手が湧き起こった。

1日、千葉市美浜区の幕張メッセ。(三宅令)

公演評「鑑賞眼」は毎週木曜日正午にアップします。


「LIVE TOUR V6 groove(ライブツアー ブイシックス グルーヴ)」最終日の6人(提供写真)
「LIVE TOUR V6 groove(ライブツアー ブイシックス グルーヴ)」最終日の6人(提供写真)
「LIVE TOUR V6 groove(ライブツアー ブイシックス グルーヴ)」最終日の6人(提供写真)
「LIVE TOUR V6 groove(ライブツアー ブイシックス グルーヴ)」最終日の6人(提供写真)