アイ・ラブ・ニューヨーク

120年前の活力は今

20世紀半ばまで工業都市として栄えたニューヨーク州バファローを取材中、セオドア・ルーズベルト大統領が就任宣誓した邸宅を見つけた。国定史跡として展示施設になっている。

首都ワシントンから遠く離れた町で就任式? 学芸員は、マッキンリー大統領がバファローで暗殺されたため、副大統領から昇格するセオドア・ルーズベルトの就任式が急遽(きゅうきょ)行われたのだと教えてくれた。1901年9月14日のことだ。

マッキンリーが当地を訪ねたのは、開催中のパンアメリカン博覧会視察のためだ。近くのナイアガラの滝の豊かな水力を使う大規模発電が博覧会の〝売り〟で、地元ビル群は夜ごとにライトアップされた。「米大陸の豊かな自然は私たちに限りない発展の機会を与えてくれる」。そんな言葉が飛び交っていたという。

米国が大量消費文化を謳歌(おうか)し、覇権国家への道をひた走る20世紀の幕が開けたばかり。町の人々は「活力に満ち、無限の可能性を信じていた」(学芸員)。

120年後の今、バファローは中西部の「ラストベルト」(さびた工業地帯)と同様、経済再生に取り組む。最近の市長選では再生から「取り残された人」の動向が波乱を呼ぶなど格差是正も急務だ。この地に米国を支える活力がよみがえるのか。町のこれからが気になっている。(平田雄介)