大麻栽培目的を隠してアパート契約 暴力団員ら逮捕

大阪府警本部=大阪市中央区
大阪府警本部=大阪市中央区

暴力団員であることを隠し、大麻草を栽培する目的でアパートの賃貸契約を結んだとして、大阪府警西成署は11日、詐欺容疑で特定抗争指定暴力団山口組弘道会系組幹部、拝藤(はいとう)政也容疑者(51)=大阪市住之江区=ら男4人を逮捕したと発表した。同署は認否を明らかにしていない。

逮捕容疑は昨年12月ごろ、暴力団員であることを隠した上で大麻草を栽培する目的で堺市堺区にあるアパートの1室を借りたとしている。

同署によると今年7月、このアパートで火災報知機が作動し、駆け付けた消防署員らが栽培されている大麻草を発見した。拝藤容疑者は指示役とみられ、指示を受けて賃貸契約を結んでいた暴力団員の行方も追っている。