大谷がオールMLB2部門で最終候補入り

マリナーズ戦で46号本塁打を放つ米大リーグ、エンゼルスの大谷翔平=10月3日、シアトル(共同)
マリナーズ戦で46号本塁打を放つ米大リーグ、エンゼルスの大谷翔平=10月3日、シアトル(共同)

米大リーグ機構は10日、ファン投票などで選出する「オールMLBチーム」の最終候補を発表し、投打の「二刀流」で歴史的な活躍をしたエンゼルスの大谷翔平が先発投手、指名打者の2部門でリスト入りした。2年前から始まった表彰で、1選手が2部門で候補入りするのは大谷が初めて。最終結果は23日(日本時間24日)に発表される。

ア・ナ両リーグの区別なくファーストチーム、セカンドチームを選出する。両チームとも先発投手5人と救援投手2人、捕手、内野手、指名打者は1人ずつ、外野手は3人を選ぶ。

昨年はカブスでプレーしたダルビッシュ有投手(現パドレス)が日本選手で初めてファーストチーム入りした。(共同)