ネトフリ、是枝監督と製作 日本の実写作品拡充へ

米ハリウッドにあるネットフリックスのオフィス(ロイター)
米ハリウッドにあるネットフリックスのオフィス(ロイター)

米動画配信大手ネットフリックスは10日、映画「万引き家族」や「そして父になる」などで知られる是枝裕和監督と長編映画とドラマを1作品ずつ製作すると発表した。日本の実写作品を拡充する。作品の配信時期は未定。米ウォルト・ディズニーも動画配信サービスで日本作品を充実させる方針を明らかにしており、有料会員の獲得競争が激しくなっている。

是枝氏は日本社会のありようを問う作品を手掛け、2018年に「万引き家族」でカンヌ国際映画祭の最高賞パルムドールを受賞した。

世界展開するネットフリックスは、豊富な製作費を持つことで知られる。是枝氏は発表に際してビデオメッセージを公開し「発表の場が広がるのは大きな変化だ。可能性が広がる」と期待感を表明したほか、ネットフリックスの大がかりな撮影用セットにも言及し「国内市場だけを視野に入れていたら、こんなセットは作れない」と語った。