正論

「立・共」の共闘は大間違いだ 政治評論家・屋山太郎

立憲民主党の枝野代表(右)と、共産党の志位委員長(共同)
立憲民主党の枝野代表(右)と、共産党の志位委員長(共同)

専制主義への恐怖心抱いた

55年体制以来、日本の政治は〝保革対立〟といいながら民主党政権の3年3カ月などを除いてほぼ常に自民党が主体となってきた。自民党が良い政党だとしても、同じ党が永久に政権を握っている姿は国際常識では普通ではない。

屋山太郎氏
屋山太郎氏

欠陥が出れば即時、政権交代ができる体制を準備しておく必要がある。今回の衆院選でそういう受け皿のごときものができるのではないかとの期待もあった。その期待が「立憲150議席か」などという楽観論を生んだが、なんとマイナス13の96議席。なぜこんな見込み違いが起きたか。各マスコミは間違いの原因を探っているが、敗戦の原因は国民が立憲民主党と共産党の野合を忌避したからだ。

ヨーロッパでは政権交代は容易に起きる。起きたからといって体制が変わるわけではないから、国民は政権交代に不安を持たない。ところが日本の場合は〝政権選択〟選挙だというから国民が不安になる。なぜ騒ぎになるかといえば、自民党が負ければ社会主義の専制主義体制になるかもしれないとの恐怖感を抱く。香港の現実を見ていれば全体主義、専制主義の恐ろしさを実感できる。

ランキング

  1. 【主張】みずほ首脳の辞任 機能不全の悪循環を絶て

  2. 【日曜経済講座】円安にたじろぐな 設備投資促進の好機に変えよ 編集委員・田村秀男

  3. 【新聞に喝!】国民の審美眼を見くびるな 美術家・森村泰昌

  4. 【産経抄】11月28日

  5. 【産経抄】11月27日

  6. 【日曜に書く】論説委員・木村さやか 「オトナ思春期」は成長期

  7. 【世界の論点】コロナ対策 日本再評価 米紙「奇妙な成功」 香港紙「称賛すべき規範意識の高さ」

  8. 【台湾日本人物語 統治時代の真実】(26)懐かしの鉄道ホテルや台北駅

  9. 【主張】ICPO台湾排除 中国の専横阻止に連帯を

  10. 【一筆多論】東かがわ市は頭を冷やせ 佐々木類