来年2月の千葉・四街道市長選に鈴木県議が出馬表明

任期満了に伴う千葉県四街道市長選(来年2月13日告示、20日投開票)で、新人で県議の鈴木陽介氏(38)=同市選出=が10日、無所属で立候補すると表明した。

鈴木氏は会見で、「今の市政を刷新してほしい、四街道はこのままでは持続可能が保たれなくなってしまうという声を多くの人から聞いた」と出馬の動機を説明。新型コロナウイルス感染症への対策として、第6波に備えた体制の整備や医療・福祉・介護のサービス提供体制の確保などを公約に挙げた。

鈴木氏は慶大卒。千葉銀行員や衆院議員秘書、四街道市議を経て、平成27年4月の県議選で初当選。現在2期目。