現在システムメンテナンス中です

会員記事の閲覧など一部サービスがご利用できません。
ご迷惑をおかけしますがご理解のほどよろしくお願いいたします。

2月27日(日)午前5時頃まで

サービス再開時間が前後する場合があります。

→詳細へ

THE古墳

箸墓の想定外の〝発見〟は家主の快諾のおかげ

箸墓古墳の墳丘(上)近くで見つかった渡り堤(手前)。両側が石垣状になっていた(奈良県桜井市教委提供)
箸墓古墳の墳丘(上)近くで見つかった渡り堤(手前)。両側が石垣状になっていた(奈良県桜井市教委提供)

皇室の先祖の墓として宮内庁が管理する箸墓古墳は周囲が柵で囲まれ、他の天皇陵などと同様に立ち入りも発掘もできない。ただ、柵の外にも古墳は広がっていて、墳丘の一部や周濠(しゅうごう)は今も民家や田畑の地下に眠っている。この部分を発掘できる数少ないチャンスが、古墳に隣接する家の建て替えなど掘削を伴う工事だ。着工前に行われる発掘を主に担当するのが、地元の奈良県桜井市教育委員会。民家の場合は面積も小さくなるが、丹念な調査によって研究者が予想もしなかった発見につながった。

「掘っても何も見つからん」

ランキング

  1. 若年層にも広がる「帯状疱疹」 コロナ禍で増加に拍車か

  2. ノーブラ派の落とし穴?! 専門家が恐れる「たんたんたん現象」 ノンワイヤーの「涼ブラ」でキレイとラクを両立 [Sponsored]

  3. オミクロンBA・2 塩野義の治療薬候補も効果

  4. 4630万円「返還拒否」は罪に問えない?後味悪い給付金誤入金

  5. 和田アキ子さんがコロナ感染

  6. 菅田将暉さん、小松菜奈さん夫妻がコロナ感染

  7. 医療従事者らも対象 大阪府、ワクチン4回目接種で要望

  8. 「勤労者皆保険」実現へ検討 全世代型社会保障

  9. 使用期限切れ、ワクチン20万回分廃棄へ 広島県

  10. 江戸川乱歩賞に荒木あかねさん 最年少で受賞

会員限定記事