「撮り鉄」少年を家裁送致 線路内立ち入り「他の撮り鉄に負けじと」

大阪府警本部=大阪市中央区
大阪府警本部=大阪市中央区

京阪電車の写真を撮影するために線路内に立ち入ったとして、大阪府警旭署が鉄道営業法違反容疑で、東京都の無職少年(19)を家裁送致したことが10日、分かった。少年は「撮り鉄」と呼ばれる鉄道ファンで、「他の撮り鉄に負けたくなかった。いい写真を撮りたかった」と供述しているという。9日付。

送致容疑は4月1日午後3時10分ごろ、大阪市旭区森小路(もりしょうじ)の京阪本線森小路駅の線路内に立ち入ったとしている。容疑を認めている。

同署によると、少年が撮影したのは試運転中の車両で、けが人はいなかった。少年が立ち入ったことで電車は急停止し、後続車両3本に3~4分の遅れが出た。

森小路駅は試運転中の車両が減速して通過するため、「撮り鉄」に人気の撮影スポットとして知られていた。