岸田氏、101代首相に選出 第2次内閣、今夜発足

首相に選出され拍手を受ける岸田文雄首相(中央)=10日午後、国会・衆議院本会議場
首相に選出され拍手を受ける岸田文雄首相(中央)=10日午後、国会・衆議院本会議場

衆院選を受けた第206特別国会は10日召集され、岸田文雄首相(64)=自民党総裁=が同日午後、衆参両院の本会議での首相指名選挙で第101代首相に選出された。首相は皇居での首相任命式と閣僚認証式を経て、10日夜に第2次岸田内閣を発足させる。外相には新たに林芳正元文部科学相(60)を起用し、その他の閣僚はいずれも再任する。

岸田氏は10月4日に首相に就任し、10日後の14日に衆院を解散。衆院選の投開票は解散から17日後で、いずれも戦後最短となった。第1次岸田内閣での首相の在職日数は38日間で、戦前も含めて史上最短となる。

特別国会の会期は12日までの3日間。