介護施設で認知症女性に平手打ち、容疑で元職員を逮捕 群馬

群馬県警は10日、同県太田市の高齢者介護施設に入居し認知症の症状がある80代女性に暴行を加え、けがをさせたとして、傷害容疑で、同施設の元職員、藤井祐二容疑者(49)=同県桐生市広沢町=を逮捕した。県警によると、管理職を務めていた。

逮捕容疑は9月25日午後7時55分ごろ、女性の顔を平手打ちしたほか、足にも暴行して打撲の軽傷を負わせたとしている。

施設の従業員は約20人で、藤井容疑者は当時夜勤中だった。市によると、翌朝に「(女性が)自分でトイレのドアにぶつけた」と施設に報告していた。

女性が普段かけていた眼鏡に傷がないのを不審に思った職員らの相談を受けた市が、10月に訪問調査。その際「(藤井容疑者が)過去にも虐待していた」と職員が証言した。被害に遭った人数は不明という。

施設によると、藤井容疑者は事件後に退職した。