柔道GS初出場Vの斉藤「自分の柔道が通用」 パリ五輪名乗り

斉藤立選手
斉藤立選手

柔道のグランドスラム(GS)バクー大会で優勝した男子100キロ超級の斉藤立(国士舘大)が10日、オンラインで報道陣の取材に応じ「ほっとしたという気持ちが一番強い。思ったよりも自分の柔道が通用した」と喜びを語った。

五輪2連覇の故斉藤仁氏の次男で、19歳の大器は全4試合を一本勝ちでGS初出場制覇。2024年パリ五輪の代表争いに名乗りを上げ「いいスタートを切れた。これからも集中して、自分の柔道を磨いていく」と決意を新たにした。

一方で攻撃の幅を課題に挙げた。厳しい英才教育の父が生きていればと想定し「(帰国した)空港で一人打ち込みをさせられていたかもしれない」と、顔をしかめて笑いを誘った。

日本男子の鈴木桂治監督は「重量級らしく、しっかりと投げるいい柔道を見せてくれた」と高評価。「研究されるほど真価が問われる。『俺はやれるんだ』という思いを持って、今後の強化につなげてもらいたい」と期待を寄せた。