中国、台湾海峡へ「戦闘準備」のパトロール

【北京=三塚聖平】台湾海峡を管轄する中国人民解放軍東部戦区は9日、台湾海峡に向けて「戦闘準備のパトロール」を行ったと発表した。米国の上下両院議員の一行を乗せた専用機が9日に台北に到着したことに対する対抗措置とみられる。

東部戦区の報道官が表明した。談話は「関係国の台湾問題における深刻な誤った言行と、『台湾独立』の分裂勢力の活動」に対する措置だと強調している。

習近平政権は、バイデン米政権が台湾への支援姿勢を強めていることに反発を強めている。