林氏「政権支え国政前に」 外相就任へ抱負

国会に登院し、登院板のボタンを押す自民党の林芳正元文科相=10日午前9時29分
国会に登院し、登院板のボタンを押す自民党の林芳正元文科相=10日午前9時29分

林芳正元文部科学相は10日、岸田文雄首相から外相就任を要請する電話を9日夜に受けたと明らかにした。国会内で記者団に「重責を果たしながら岸田政権を支え、国政を少しずつでも前に進めたい」と抱負を語った。

林氏は日中友好議員連盟会長。対中姿勢を問われ「日本の国益を中心に考える」と強調した。中国の人権侵害については、人権問題担当の首相補佐官に就任する中谷元・元防衛相と連携して対応する考えを示した。

参院からくら替えした林氏は衆院初登院について「感激が湧き上がっている」と述べた。