キスマイの“キュン”は滝沢カレンに伝わるのか…

滝沢カレン(右下写真の左)をゲストに、藤ヶ谷太輔(右上)らが番組を盛り上げる(C)フジテレビ
滝沢カレン(右下写真の左)をゲストに、藤ヶ谷太輔(右上)らが番組を盛り上げる(C)フジテレビ

男性7人組、Kis―My―Ft2が“真のカッコイイ男“になるために“脱ブサイク”を目指して難題にチャレンジする番組「キスマイ超BUSAIKU!?」(フジテレビ)。11日深夜0時25分からの放送は、モデルでタレントの滝沢カレンをゲストに迎え、特別編「話題のゲームをやってみよう!」で恒例の「ito(イト)」に挑戦する。

互いの価値観のズレを楽しみながら会話をしていくボードゲームで、メンバーの価値観や恋愛観を明らかにする内容。最初のお題は「キュンとくる男性のしぐさ」だ。

そこで、千賀健永が女性を呼ぶときに「名前じゃなくて…」とあるワードを出すと、滝沢は「えー、めっちゃ、嫌だ!」とドン引き。続いて、藤ヶ谷太輔が提示した行動については「なにそれ、マジで嫌だー(笑)」とさらに嫌悪感を示す。だが、横尾渉の回答は満足そうに聞き、最後に全体的な感想を求められると「ほとんどキュンとしないものが多くて…」と爆笑する。

次のお題「ステキなプロポーズ」では、滝沢自身が考える理想のプロポーズを明かすが、メンバーはピンとこない!? さて、滝沢はメンバーそれぞれの意図(ito)をくみ取ることができるのだろうか。

収録後、藤ヶ谷は「滝沢さんが久々にゲストとして来てくださり盛り上がったし、スタジオも華やかになった。itoの新鮮で面白いところがふんだんに出ていた。どういう結末になるのか、ぜひごらんいただければ」と話した。

(産経デジタル)