NBA選手、シューズに「北京五輪反対」 ファンは熱い声援

NBAセルティックスのエネス・カンター選手(左)(AP=共同)
NBAセルティックスのエネス・カンター選手(左)(AP=共同)

来年2月の北京冬季五輪を控え中国国内の人権状況に懸念が高まる中、米プロバスケットボールNBAセルティックスのエネス・カンター選手(29)が、「北京五輪にノーを」などと書かれたシューズを履いてプレーし注目を集めている。

シューズは風刺アート作品で、中国批判で知られる上海出身のアーティスト、巴丟草氏(オーストラリア在住)らがデザインを手掛けた。ウイグルやチベット、香港に対する弾圧を糾弾する内容もあり、世界各地の人権活動家らやファンが熱い声援を送る。

カンター選手はスイス生まれのトルコ系。10代で米国に移住した。SNSではチベット仏教最高指導者ダライ・ラマ14世の顔や「ウイグルの人々に自由を」などのメッセージがかかれたTシャツ姿で、中国の習近平国家主席を「冷酷な独裁者だ」と非難している。

中国国内のインターネットではカンター選手の情報が検索不可能に。公式戦映像を配信するIT大手の騰訊控股(テンセント)も同チームの試合動画を削除するなど神経をとがらせている。(共同)