安野光雅が描く洛中洛外

もう一度見たい作品7位 「大蓮寺 ロウバイ」

大蓮寺 ロウバイ
大蓮寺 ロウバイ

「老梅」という名前から早咲きの梅の変形かと思っていたが、事実は「ロウバイ(蠟梅(ろうばい))」という独自の花で、梅の花とは違うことを知った。色は黄色である。

以前、白梅を見に行った梅の名所の北野天満宮にもあったが、大蓮寺の木も大きくて有名と聞いて、立ち寄った。

後光明天皇がこの寺に夫人の安産祈願を命じたことから、通称「安産祈願の寺」として知られるようになったという。境内には碑がたっていて、安産祈願の文字が読み取れた。

(あんの みつまさ=画家、抜粋)

■「安野光雅 洛中洛外」令和四年カレンダー発売