こども園に刃物所持の男 「殺す目的で侵入」

9日午前10時40分ごろ、宮城県登米市の保育施設「豊里こども園」に刃物を持った男が侵入、複数の職員に取り押さえられた。宮城県警は建造物侵入の疑いで同市豊里町迫の無職、大槻渉容疑者(31)を現行犯逮捕した。「子どもを殺す目的だった」と供述。子どもや職員にけがはなかった。

県警によると、周辺をうろついていた大槻容疑者を不審に思った職員が、子どもを建物内に避難させた後、複数人で声を掛けると、柵を乗り越えて施設内に侵入。刃渡り約12センチの刃物で職員に襲いかかったという。

逮捕容疑は9日午前10時40分ごろ、豊里こども園に侵入したとしている。