中原伸之氏が死去 元日銀審議委員

中原伸之氏
中原伸之氏

元日銀審議委員の中原伸之(なかはら・のぶゆき)氏が1日午前、肺炎のため東京都文京区の病院で死去したことが9日、分かった。86歳。金融危機で景気が急速に悪化していた平成10年に日銀審議委員に就き、デフレ対策として物価目標や大胆な金融緩和政策の導入を訴えた。東京都出身。葬儀・告別式は近親者のみで行った。喪主は妻和子(かずこ)さん。

東大経済学部卒。米ハーバード大院の修士課程を修了し、昭和34年に東亜燃料工業(現ENEOS)に入社。61~平成6年に社長として指揮を執り、10~14年に速水優氏が総裁だった日銀の審議委員を務めた。

日本経済が経済の縮小と物価下落が歯止めなく続く「デフレスパイラル」に陥ることを強く懸念し、審議委員として政策金利の引き下げや市中に出回るお金の量を増やす量的金融緩和政策の導入を日銀に迫った。