刺された男性の意識回復 京王線乗客刺傷事件

服部恭太容疑者
服部恭太容疑者

東京都調布市を走行していた京王線特急の乗客刺傷事件で、ナイフで刺され意識不明の重体となっていた男性会社員(72)が意識を回復したことが9日、捜査関係者への取材で分かった。警視庁調布署捜査本部は健康状態が良くなり次第、事件当日の状況などを聴く方針。

事件は10月31日午後8時ごろ、京王八王子発新宿行き特急で発生。殺人未遂容疑で逮捕された服部恭太容疑者(25)は男性に殺虫スプレーを噴射してナイフで胸を刺したとされる。さらにライターオイルを車内でまいて放火したとみられ、他の男女16人が煙を吸うなどしてけがをした。

捜査関係者によると、服部容疑者は「仕事や人間関係がうまくいかなかった。2人以上殺せば死刑になると思った」と供述。9月末ごろに上京し、事件時はナイフやペットボトルに移し替えた大量のオイルを所持していた。