西武の平石新打撃コーチらが抱負

今季までソフトバンクでコーチを務めた西武の平石洋介打撃コーチが9日、埼玉県所沢市の球団施設で記者会見を行い「まさかお話を頂くとは思っていなかった。驚きとうれしさと両方あった。チームと選手一人一人の野球人生がいい方向に向かうよう全力でサポートしていきたい」と抱負を語った。

ともに指導する松井ヘッドコーチは大阪・PL学園高の先輩で、楽天時代のチームメート。「ライオンズにお世話になると決めた最大の要因は(松井)稼頭央さんだった。先輩だけど、何でも言い合えると思っているし、それぐらい器が大きい」と話した。

また新任の長田秀一郎ファーム投手コーチと中田祥多ファームバッテリーコーチも同席。長田コーチは「身が引き締まる。さあやってやるぞという気持ちになった」と意気込み、中田コーチは「勝てるチームになるよう選手に寄り添っていきたい」と話した。