医薬品卸6社、入札談合か 九州の病院納入めぐり

公正取引委員会=東京都千代田区(宮川浩和撮影)
公正取引委員会=東京都千代田区(宮川浩和撮影)

独立行政法人国立病院機構(東京)が発注し、九州地方の病院へ納入する医薬品の入札をめぐり、談合を繰り返した疑いがあるとして、公正取引委員会は9日、独禁法違反(不当な取引制限)の疑いで、医薬品卸会社のアルフレッサ(東京)やアステム(大分市)など計6社の立ち入り検査を実施した。関係者への取材で分かった。

他に立ち入り検査を受けたのはアトル(福岡市)と翔薬(同)、九州東邦(同)、富田薬品(熊本市)。アトル、翔薬、九州東邦は大手医薬品卸会社の傘下にある。

関係者によると、国立病院機構が発注する医薬品の一般競争入札で、平成28年ごろから受注業者をあらかじめ決めるなどの談合を繰り返した疑いがある。