追加経済対策「真水で30兆円超を」 自民・世耕氏

自民党・世耕弘成参院幹事長(春名中撮影)
自民党・世耕弘成参院幹事長(春名中撮影)

自民党の世耕弘成参院幹事長は9日の記者会見で、日本経済の需要と潜在的な供給力の差を示す需給ギャップ(GDPギャップ)が25兆円から35兆円とされることを指摘し、政府・与党が策定する経済対策に関して「GDPギャップを埋める(財政投融資などを除いた国の直接政支出である)真水を確保していくことが何よりも重要だ」と指摘した。

その上で、望ましい真水の額については「今回はいよいよ、ウィズコロナ、ポストコロナをにらんだ経済対策ということにもなる。30兆(円)を超えるぐらいの規模が重要ではないか」と述べた。