「株主総会集計は適法」 関西スーパーがオーケーに反論

関西スーパーマーケットの臨時株主総会が開かれた会場=10月29日、兵庫県伊丹市
関西スーパーマーケットの臨時株主総会が開かれた会場=10月29日、兵庫県伊丹市

関西スーパーマーケットは9日、エイチ・ツー・オー(H2O)リテイリンググループとの統合案が僅差で可決された先月の臨時株主総会を巡り、首都圏地盤のスーパー、オーケー(横浜市)が集計に疑義があると主張していることに対し「何ら不適法または不公正な点はない」と反論する見解を発表した。集計は「株主の意思表示を正確に反映した」という。

オーケーが問題視しているのは、事前に賛成票を送付していたが、当日会場で白票を投じた株主の議決権の取り扱いだ。白票は本来「棄権」とみなされるが、関西スーパーは、この株主が投票用紙の回収担当者に対し、事前に行った賛成の意思表示通り行使する旨を伝えていたと説明。集計でこの株主の票を賛成として取り扱ったことの「適法性に疑義はない」と主張した。