無免許運転の木下都議、辞職否定「議員活動を通じ責任果たす」

正副議長と面会後、報道陣の囲み取材に応じる木下富美子東京都議=9日午後、東京都庁(佐藤徳昭撮影)
正副議長と面会後、報道陣の囲み取材に応じる木下富美子東京都議=9日午後、東京都庁(佐藤徳昭撮影)

7月の東京都議選期間中に無免許運転で人身事故を起こし、公表せずに再選された木下富美子都議が9日、三宅茂樹議長らと議会内で面会した。木下氏は面会後、報道陣に対し、「公人としての責任は議員活動を通じて果たしていきたい」と述べ、辞職しない意向を明らかにした。

都議会は、事故を起こしながら議会への欠席を続ける木下氏に対し、2度にわたり辞職勧告を決議した。木下氏は「辞職勧告は重く受け止めている。弱い人々の声を受け止め、多くの課題解決のために努力したい」とも述べた。

木下氏は9日午後の公営企業委員会に出席する見通し。事故発覚後は体調不良を理由に議会の欠席を続けており、出席すれば再選後初めてとなる。

木下氏は都議選期間中の7月2日、免許停止期間にもかかわらず、板橋区内で乗用車を運転して車にぶつけ、男女2人にけがをさせたまま逃走。警視庁は自動車運転処罰法違反と道路交通法違反の容疑で書類送検した。