国連安保理がイラク首相暗殺未遂を非難 無人機攻撃

イラク・バグダッドにあるカディミ首相の住居前の破壊された車両(イラク首相府提供・ロイター=共同)
イラク・バグダッドにあるカディミ首相の住居前の破壊された車両(イラク首相府提供・ロイター=共同)

国連安全保障理事会は8日、イラクのカディミ首相が滞在中の首都バグダッドの住居で無人機攻撃を受けた暗殺未遂について「最も強い言葉で非難する」との報道声明を発表した。

声明はカディミ氏が無事だったことに「安堵」を示した上で「いかなる動機であれテロ行為は犯罪であり、正当化できない」と指摘。計画者らに責任を負わせる必要があるとした。(共同)