9月経常黒字31・1%減 半導体不足で自動車減産、輸出鈍化

財務省=東京・千代田区
財務省=東京・千代田区

財務省が9日発表した9月の国際収支速報によると、海外とのモノやサービス、投資の取引状況を示す経常収支の黒字額は、前年同月比31・1%減の1兆337億円で、2カ月続けて減少した。世界的な半導体不足に加え、新型コロナウイルス禍で東南アジアのサプライチェーン(供給網)が混乱して自動車が大幅な減産を強いられ、輸出が鈍ったのが要因だ。

経常収支の黒字は15カ月(1年3カ月)連続。経常収支のうち、輸出から輸入を差し引いた貿易収支は2299億円の赤字だった。赤字は2カ月連続。原油価格の上昇に伴い、輸入も増加した。