<独自>衆院憲法審会長に森元法相

森英介氏(斎藤良雄撮影)
森英介氏(斎藤良雄撮影)

自民党が、衆院憲法審査会長に森英介元法相(73)を充てる方向で調整していることが8日、分かった。複数の党幹部が明らかにした。

森氏は衆院千葉11区選出で当選11回。党憲法改正推進本部長や衆院憲法審会長を歴任しており、過去の国会の与野党の議論の経緯を熟知していることを重視した。衆院議長就任が内定している細田博之元幹事長の後任となる。

森氏は麻生太郎党副総裁の側近の一人で、麻生派事務総長を務める。先の総裁選では、岸田文雄首相(党総裁)を支援した。

首相は1日の記者会見で「党是である憲法改正に向け、精力的に取り組む」と訴え、自身の総裁任期内の改憲への強い決意を示している。経験豊かな森氏を憲法審会長に起用することで、国会での改憲議論を前進させたい考えだ。