地方に勝機

佐野の老舗酒造がラーメンに合う日本酒開発 ラーメン女子も「これはいける」

日本酒に会うと評判の「NOODLE SAKE-春華秋冬-カップ」(川岸等撮影)
日本酒に会うと評判の「NOODLE SAKE-春華秋冬-カップ」(川岸等撮影)

佐野らーめんで知られる栃木県佐野市の老舗造り酒屋が「ラーメンに合う日本酒」を開発し、話題を呼んでいる。ラーメン女子の森本聡子さんが参画し、若者や女性にも受け入れられるフルーティーな味に仕上げたほか、カップ酒タイプで手軽に飲めるのも売りだ。森本さんも「いける」と太鼓判を押す自信作で、同社は酒造メーカーなどが新型コロナウイルス禍で苦境に立つ中、攻めの海外販売も視野に入れる。

ラーメン女子は日本酒好き

ラーメンに合う日本酒「NOODLE SAKE-春華秋冬-カップ」(180ミリリットル、396円)を開発したのは同市田島町の老舗造り酒屋「第一酒造」。

佐野市内には約150のラーメン店があり、休日には各店舗前に県外ナンバーの車が並ぶなど知名度が高い。ラーメンは人気の高い国民食でもあり、同社は以前からラーメンに合う日本酒の開発を念頭に入れてきたが、「ラーメンにはビール」のイメージが強くなかなか実現しなかった。

ラーメンに会う日本酒を企画提案した和田麻弓さん=佐野市田島町の造り酒屋「第一酒造」(川岸等撮影)
ラーメンに会う日本酒を企画提案した和田麻弓さん=佐野市田島町の造り酒屋「第一酒造」(川岸等撮影)

開発のきっかけは今春に開かれた同社の打ち合わせ。営業担当の和田麻弓さん(37)が「日本酒と麺類といえば、そばやうどんになるが、ラーメンの街・佐野で、どうにかラーメンに合う日本酒を開発したい」と提案した。

実現性を探るべく、同社が年間600杯以上のラーメンを食べ歩き、カリスマラーメン女子として活躍する森本聡子さんに共同開発を打診したところ、森本さんからは「ラーメン女子は実は日本酒が大好き」との答えをもらい、社内の機運が一気に高まった。