イラク暗殺未遂を強く非難 米大統領、捜査支援も

イラク・バグダッドにあるカディミ首相の住居前の破壊された車両(イラク首相府提供・ロイター=共同)
イラク・バグダッドにあるカディミ首相の住居前の破壊された車両(イラク首相府提供・ロイター=共同)

バイデン米大統領は7日、イラクの首都バグダッドでカディミ首相の住居が無人機で攻撃された暗殺未遂に関し「テロ攻撃の犯人は責任を取らなければならない」と強く非難する声明を発表した。「イラク政府と国民を支える」として、イラク治安当局による捜査を支援する考えを示した。

バイデン氏は声明で「イラクの民主的なプロセスを弱体化させるために暴力を用いる者を最も強い言葉で非難する」と表明した。米国務省は7日、ブリンケン国務長官がカディミ氏と電話会談し、イラクの主権と安定に対する攻撃だと強調したと発表した。米軍はイラクに駐留している。

一方、カディミ氏は7日、緊急閣議を開き治安対策を協議した。同氏は避難して無事だったが、警備員6人が負傷した。

イラクでは10月に国会の総選挙があり、親イランのイスラム教シーア派民兵組織と緊密な政党連合が大敗。支持者らは選挙の不正を訴えて抗議を激化させ、情勢が不安定化している。今回の攻撃の犯行声明は出ていない。(共同)