虐待対応ダイヤル「189」14日に福岡で啓発

児童虐待防止に関する啓発イベントの案内チラシ
児童虐待防止に関する啓発イベントの案内チラシ

児童虐待防止に関する啓発イベントが14日、福岡市中央区の大丸福岡天神店エルガーラ・パサージュ広場で開かれる。「こどもたちに、やさしいまなざしを 児童相談所虐待対応ダイヤル『189』を知ろう」と題し、トークショーなどを通じて早期通報への協力を呼びかける。

九州北部の10のロータリークラブで構成する「国際ロータリー第2700地区第5グループ」が主催。新型コロナウイルス感染拡大による家庭環境の変化なども影響して児童虐待は増加傾向にあり、厚生労働省が定める「児童虐待防止推進月間」に合わせて企画した。虐待対応ダイヤルについて周知し、子供の保護につなげる。

当日は政治学者のロバート・エルドリッヂ氏らによるトークショーや、子供の見守り活動をしている団体によるバイクの展示・撮影会などがある。正午~午後5時。