日本の人権担当補佐官人事に中国が「外部の干渉許さず」

中国外務省の汪文斌報道官=北京(共同)
中国外務省の汪文斌報道官=北京(共同)

【北京=三塚聖平】岸田文雄首相が8日、新設する人権問題担当の首相補佐官に中谷元・元防衛相を起用する方針を決めたと報じられたことについて、中国外務省の汪文斌(おう・ぶんひん)報道官は8日の記者会見で「日本の内政には論評しない」と述べた。

名指しでの批判などは行わなかったが、中谷氏が中国政府による新疆(しんきょう)ウイグル自治区での人権侵害を指摘していたことを念頭に、「中国の内政は、外部勢力の干渉を許さない」と牽制した。