菊池、筒香らFA選手、全球団との交渉解禁 フリーマンらにQO提示

米大リーグは7日、フリーエージェント(FA)選手に今季所属球団が規定額で1年契約を求める「クオリファイング・オファー(QO)」の提示期限を迎え、メジャー公式サイトによるとワールドシリーズ制覇に貢献したフリーマン(ブレーブス)、コレア(アストロズ)の両内野手ら14選手が提示を受けた。

同時に、菊池、筒香を含む全てのFA選手は各球団との交渉が解禁となった。

QOはFAになった選手がメジャーの年俸上位125選手の平均となる年俸1840万ドル(約20億8000万円)で最終所属球団と来季契約を結ぶ制度。選手は今月17日までに受け入れるか回答する。拒否して別の球団と契約を結ぶと、旧所属球団に補償としてドラフト指名権が与えられる。(共同)