シリコンバレーで人気急上昇、新コンセプトのクレジットカードが注目される理由

米国のテック業界では、いま新しいコンセプトのクレジットカードの人気が急上昇している。ステンレス製でアート作品のようなデザインもさることながら、注目されるのはキャッシュフローに基づく独自の与信評価と豊富な特典だ。

TEXT BY ARIELLE PARDES

TRANSLATION BY MITSUKO SAEKI

WIRED(US)

起業家のディーパク・ラオが最初のスタートアップを立ち上げた2011年、当時は事業経費のすべてを2枚の個人用クレジットカードで支払っていた。利用限度額は合わせて3,000ドル(約34万円)ほどで、「いつも限度額まで使い切っていました」と彼は振り返る。「いまでもクレジットスコアは低いままなんです」

その後、ツイッターでプロダクトマネジャーとして4年ほど勤務したあとも、ラオは希望する特典を備えたクレジットカードをもてずにいた。休暇の費用を決済したり、好きな店で買い物をした際にポイントをもらえたりするカードを手に入れられなかったのだ。

こうしたなか、ラオは2社目となるスタートアップを設立することで問題を解決しようとしている。彼らが新たに開発したクレジットカード「X1」は、最上級の特典を求める人々のためにつくられた。しかも、持ち主のクレジットスコアが最上級であるか否かは問われないのである。

利用者の銀行口座にひも付けられたX1は、キャッシュフローに基づいて利用限度額を決定する。こうした過去に例のない方法で与信評価をしていることで、一般的なカードの最大5倍の限度額を期待できるという。

シリコンバレーで人気沸騰

カードはステンレス製で、アート作品のようにも見える。落とすと金属ならではの小気味いい音がしそうだ。一方で、決済はデジタル処理されるので、この点ではアップルの「Apple Card」と同じである。

洗練されたデザインの専用アプリが用意されており、アプリから使い捨ての“バーチャルカード”を作成したり、クリックひとつで各種のサブスクリプションを解約したりも可能だ。さらに、実名やカード番号を表に出さずに匿名で取引することもできる。貯まったポイントはPelotonやパタゴニア、Allbirds、Airbnbといったテック系ビジネスパーソン御用達のブランドやサービスで使える。

おそらくはこうした理由から、X1はシリコンバレーのちょっとした人気者になっている。カードの発行を待つ人の数が35万人を超えているというのだ。

X1の出資者には多くのシリコンバレーの大物が名を連ねている。フィンテック企業Affirmの最高経営責任者(CEO)のマックス・レヴチン、クラウドストレージ企業BoxのCEOのアーロン・レビ、レビューサイトを運営するYelpのCEOのジェレミー・ストッペルマンといった人々だ。

「この状況こそが、いまや守旧派向けのカードとなってしまったアメリカンエキスプレスに対するシリコンバレーの回答なのだと思います」と、自身もX1カードのユーザーであるベンチャー投資家のデイビッド・サックスは語る。彼はかつてペイパルに勤務し、現在はX1の取締役を務めている。