書評

『世界「失敗」製品図鑑』

ニュー・コーク(コカ・コーラ)、スキップ(ファーストリテイリング)、NOTTV(NTTドコモ)…。いずれも成功間違いなしと始めたものの、大失敗したとされる商品やサービスだ。

このうちスキップは野菜事業ブランドで、開始時に「あのユニクロが野菜事業に参入!」とビジネス界に衝撃を与えたが、わずか1年半で撤退。しかしこの失敗がGUの成功につながったというから、まさに「失敗は成功の基」のお手本となる事例だ。

グローバル企業20社の失敗事例を徹底解説した本書。失敗から学ぶことの大切さを教えてくれる。(荒木博行著/日経BP・1980円)