ロッテ、巨人がファイナルステージ進出

【プロ野球CS1阪神対巨人】3回、逆転の2点適時打を放つ巨人・丸佳浩=甲子園球場(撮影・松永渉平)
【プロ野球CS1阪神対巨人】3回、逆転の2点適時打を放つ巨人・丸佳浩=甲子園球場(撮影・松永渉平)

プロ野球のクライマックスシリーズ(CS)のファーストステージ(3試合制)は7日、セ、パ両リーグともに第2戦が行われ、パはレギュラーシーズン2位のロッテが3位楽天に4―4で規定により九回表終了コールドゲームで引き分け、対戦成績を1勝1分けとしてファイナルステージに進出した。セは3位巨人が2位阪神を4―2で破り、2連勝で突破した。

ロッテは七回にマーティンのソロ本塁打で同点。引き分けに持ち込んだ。勝敗が並んだ場合は規定により上位チームが勝ち上がるため、第3戦を待たず突破が決まった。

巨人は三回に丸の2点適時打などで逆転し、8投手の継投で接戦を制した。

ファイナルステージはセ、パともに10日に始まる。リーグ優勝のヤクルトとオリックスが1勝のアドバンテージを持ち、6試合制で日本シリーズ進出を争う。