ラグビー日本代表、アイルランドに5-60で大敗

アイルランドのセクストンの突破を阻む坂手(左)ら=ダブリン(ロイター)
アイルランドのセクストンの突破を阻む坂手(左)ら=ダブリン(ロイター)

ラグビーの日本代表は6日、ダブリンでアイルランド代表とテストマッチを行い、5―60で大敗した。2016年のジョセフ・ヘッドコーチ就任後では最大点差の敗戦。対戦成績は1勝11敗となった。

世界ランキング10位の日本は前半から防戦一方の展開となり、世界5位のアイルランドに4トライを許すなど0―29で折り返した。後半はWTBフィフィタ(花園)がトライを挙げたが、5トライを奪われて点差を広げられた。

欧州遠征中の日本は13日にポルトガル、20日にスコットランドと対戦する。(共同)