イタリアンSUVの快楽 新型アルファロメオ・ステルヴィオ・ヴェローチェ試乗記

アルファロメオのミドルクラスSUVの「ステルヴィオ」に追加された新グレード「ヴェーロチェ」に小川フミオが試乗した。

ヴェローチェならではの特徴

もっともスタイリッシュなミドルクラスSUVはなにか? もしかすると、それはアルファロメオ「ステルヴィオ」かもしれない。見て、乗って、気分が盛り上がるという点では、ほかの追随を許さない。今年7月10日に発表されたばかりの新グレード「2.2ターボディーゼルQ4ヴェローチェ」は、とにかく個性的なモデルだった。

“スピード”を意味するヴェローチェは、音楽をやっているひとにはおなじみの用語だろう。クルマ好きにとっても、1956年登場の「ジュリエッタ・スプリント・ヴェローチェ」いらいの、アルファロメオにとって伝統的なサブグレードとして知られている(はず)。

ステルヴィオのヴェローチェは、エレガントさとスポーティさを強調した内外装をもつ。ボディ同色のホイールアーチ、サイドスカート、リアバンパーに加えて、専用スキッドプレート、ダークエグゾーストパイプフィニッシャーと、外観はスポーティだ。

内装に目を移すと、印象はまたちがう。アルミニウムのインテリアパネルをはじめ、レザーを使ったダッシュボードや、ブラックまたはレッドの革張りスポーツシートが専用装備。エレガントな仕立て、とアルファロメオの日本法人は述べる。

スムーズでトルキーなディーゼルエンジン

乗っただけでヤル気の出るSUV。というのが、ステルヴィオ2.2ターボディーゼルQ4ヴェローチェである。終始、“楽しい気分”で運転できるのだ。

ステアリングはけっこうクイックで、アルファロメオ独特の、カーブを気持ちよくクイクイと曲がる特性が、ステルヴィオにもそなわっている。2142ccの直列4気筒ディーゼルターボエンジンは、154kW(214ps)の最高出力と470Nmと異例なほど太い最大トルクを誇る。

アクセルペダルの踏みこみに反応よく加速するさまは、ディーゼルエンジンとは思えないほどの鋭さ。そもそもディーゼルエンジンの経験豊富なアルファロメオであるうえに、最新のエンジン技術によって、スムーズでトルキーにチューンされたこのディーゼルエンジンは、アルファロメオというブランドへの期待を裏切らないはず。

乗り心地もいいのは、欧州うまれのロングツアラーだけのことはある。また、アルプスを抱えるイタリアだけに、天候の急激な変化に対応するクルマとしての“ふところの深さ”をかんじる。高い操縦性をそなえているモデルだ。