イラク首相宅に無人機攻撃 首相は無事

7日、無人機攻撃後、声明を発表するイラクのカディミ首相(アルイラキーヤ/ロイターTV提供、ロイター=共同)
7日、無人機攻撃後、声明を発表するイラクのカディミ首相(アルイラキーヤ/ロイターTV提供、ロイター=共同)

イラクの首都バグダッドにあるカディミ首相の住居が7日、爆発物を積んだドローン(無人機)に攻撃され、警備員6人が負傷した。カディミ氏はツイッターに無事だと投稿した。イラク国軍は暗殺未遂との見方を示した。犯行声明などは出ていない。

ロイター通信によると、カディミ氏の住居は政府庁舎や外国の大使館が集まるバグダッドの旧米軍管理区域(グリーンゾーン)にあり、少なくとも1回の爆発が起きた。米国務省のプライス報道官は「イラクの国家中枢を狙った明らかなテロ行為」だと非難した。(カイロ 佐藤貴生)