台湾を応援する機運高める門田隆将氏の講演会、福岡

台湾を応援する機運を盛り上げようと開かれた門田隆将氏の講演会
台湾を応援する機運を盛り上げようと開かれた門田隆将氏の講演会

中国国民党と中国共産党による国共内戦の事実上の最終戦「金門戦争」に軍事顧問として参戦し、台湾を救ったといわれる根本博・元陸軍中将(1891~1966年)の足跡を紹介する講演会「我が命、義に捧ぐ」が6日、福岡市中央区のエルガーラホールで開かれた。同名の著書を持つ作家でジャーナリストの門田隆将氏が「現在も台湾には中国の力による現状変更が迫っている。台湾が中国の手に落ちて、日本が無事でいられるはずはない」と危機意識を持つよう訴えた。

福岡県郷友連盟と福岡台援隊の主催で、中国の脅威にさらされている台湾を応援する機運を九州から盛り上げるのが目的。台湾を支援する活動などに取り組む福岡台援隊の発足3周年を記念する行事で、7代台湾総督として現地の鉄道や道路などインフラ整備の道を開いた福岡出身の明石元二郎(1864~1919)の顕彰碑建立を郷友連盟などが進めていることを広く知ってもらう機会にしたいとの思いも込めた。

講演では、門田氏が、駐蒙軍司令官だった根本元中将が終戦直後、邦人を守るため武装解除を拒否、最後の邦人が列車で出るまでソ連軍と激戦を展開したと紹介。その際に邦人救済の手助けをした蒋介石と中国国民党軍に恩義を感じ、中国共産党との国共内戦で敗走を続ける国民党軍に報いるため密航、金門戦争(古寧頭戦役)に軍事顧問として参戦し勝利に導いたことが現在の台湾の実行支配地域を確定させたと説明した。そして「中国の力による現状変更で占領されたら、もう抜け出せない。アジア版NATOのような集団安保体制を構築し、台湾を含めた自由主義圏を守ることができるよう、福岡から声を上げてほしい」と呼び掛けた。

講演会には、台湾の領事館に相当する台北駐福岡経済文化弁事処の陳銘俊処長(総領事)も出席。「台湾が一番難しいときには必ず日本の方々がそばにいてくれた。現在も福岡にサムライがいることに心を打たれている」とあいさつした。