自転車の別府が引退へ 日本勢初のツール・ド・フランス完走

別府史之
別府史之

世界最高峰の自転車ロードレース、ツール・ド・フランスで完走するなど日本の第一人者だった別府史之(38)が6日、今季限りでの現役引退を自身のブログで発表した。「今シーズンをもって、プロ選手としてのキャリアを終えます」と記した。

神奈川県出身で藤沢北高(現藤沢総合高)時代から活躍。2005年から本場欧州を拠点にプロ活動し、09年のツール・ド・フランスで新城幸也とともに日本勢で初めて完走を遂げた。北京、ロンドンと五輪2大会にも出場した。