音楽祭で観客殺到8人死亡 米テキサス、十数人搬送

5日、米ヒューストンの音楽フェスティバルに駆け付けた救急車と観客ら(@ONACASELLAのツイッターから、ロイター=共同)
5日、米ヒューストンの音楽フェスティバルに駆け付けた救急車と観客ら(@ONACASELLAのツイッターから、ロイター=共同)

米南部テキサス州ヒューストンで開かれた音楽フェスティバルで5日午後9時(日本時間6日午前11時)ごろ、観客がステージの方へ殺到してパニック状態になり、地元当局によると少なくとも8人が死亡、十数人が病院に搬送された。警察が現場の状況や多くの死傷者が出た詳しい経緯を調べている。米メディアが伝えた。

人気ラッパーのトラビス・スコットさんが手掛けたフェスティバルで、2日間の日程で開催され、初日の5日は約5万人が詰め掛けていた。スコットさんは出演中にステージ付近の観客が苦しんでいる様子に気付き、たびたびパフォーマンスを中断してスタッフに対応を促していたという。

5日のイベントは打ち切られ、6日も中止が決まった。地元メディアによると、事故の数時間前には入場ゲートに多くの群衆がなだれ込み、チェックを受けないまま金属探知機を押し倒すなどして会場内に進入するトラブルも起きていた。(共同)