越前ガニ初競り最高80万円

初競りにかけられた「越前ガニ」=6日午後、福井県越前町の越前漁港
初競りにかけられた「越前ガニ」=6日午後、福井県越前町の越前漁港

冬の日本海の風物詩、ズワイガニ漁が6日解禁となり、福井県越前町の越前漁港と同県坂井市の三国漁港で、県特産の「越前ガニ」が初競りにかけられた。越前漁港では、県が2015年からブランド化した「極」に該当する雄ガニが1匹揚がり、過去最高額の80万円で落札された。

越前漁港に水揚げされ、初競りにかけられる「越前ガニ」=6日午後、福井県越前町
越前漁港に水揚げされ、初競りにかけられる「越前ガニ」=6日午後、福井県越前町

県水産課によると、県内の20年度の漁獲量は319トン。本年度は雄が20年度並み、雌が20年度並みかやや上回ると予想している。

越前漁港では午後4時に競りが始まると、仲買人の掛け声が響き渡った。極を落札した飲食店経営会社社長の中村敏明さん(46)は「ようやく新型コロナウイルスが落ち着き、堂々とお客さまを迎えたくて落札した。飲食店は元気だとアピールしたい」と笑顔で語った。

「極」に該当する雄ガニを過去最高額の80万円で落札した中村敏明さん=6日午後、福井県越前町の越前漁港
「極」に該当する雄ガニを過去最高額の80万円で落札した中村敏明さん=6日午後、福井県越前町の越前漁港

極は規定の重さ以上で、見た目が左右対称であることなどが条件の雄ガニ。20年度は水揚げした0・04%に当たる67匹が認定された。

競り落とされた「越前ガニ」=6日午後、福井県越前町の越前漁港
競り落とされた「越前ガニ」=6日午後、福井県越前町の越前漁港