大気中を浮遊するマイクロプラスティックは、気候変動にも影響している 研究結果

ビニール袋やペットボトル、衣類の合成繊維などが細かくなったマイクロプラスティック片は、大気中にも浮遊して地球を取り囲んでいる。このマイクロプラスティックが太陽からのエネルギーに作用することで、気候にも影響を及ぼしている可能性が高いことが、このほど発表された研究結果から明らかになった。

TEXT BY MATT SIMON

WIRED(US)

まるで超巨大な火山から噴き出した火山灰のように、マイクロプラスティックは大気中に充満して地球を取り囲んでいる。マイクロプラスティックとは5mm未満のプラスティック片のことで、大きく2種類に分けられる。

ひとつはビニール袋とペットボトルが分解されて生まれた破片である(赤ん坊は粉ミルクを通して、1日に数百万個のマイクロプラスティックを“飲んで”いるとされる)。もうひとつは合成繊維の服から洗濯によってマイクロファイバーが抜け落ち、海に放出されたものである。

風が陸や海に吹きかかり、これらのマイクロプラスティックは大気中へと舞い上がる。おかげで大気にはマイクロプラスティックが満ちており、毎年1億2,000万本を超えるペットボトルに相当するマイクロプラスティックが、米国内の11カ所の保護区に舞い落ちている。ちなみに、こうした保護区は米国の総面積の6%しか占めていない。

このほど『Nature』誌に10月20日付で掲載された研究によると、大気中のマイクロプラスティックが気候にどのような影響を及ぼしているのかをモデル化することに、科学者が初めて挑んでいる。そしてこの研究報告は、朗報と悲報が奇妙に入り混じったものだ。

まず朗報は、マイクロプラスティックが太陽エネルギーのごく一部を宇宙に反射している可能性があり、それによって気候がわずかに冷却されるというものである。悲報とは、汚染物質が最終的に気候にどのような影響を与えるか知るのが困難ということである。

これは人類があまりに大量のマイクロプラスティックを環境に放出している(1940年代以降、15年ごとに濃度が倍増していることを海洋堆積物のサンプルが示している)ことに加えて、マイクロプラスティックの粒子自体が極めて多様であるからだ。したがって、いずれかの時点で温暖化に寄与してしまう可能性がある。

実際の効果は?

地球は太陽エネルギーの一部を吸収する一方で、一部を反射している。この交換は放射強制力と呼ばれている。大気中のちりや灰などのエアロゾルと同様に、マイクロプラスティックもこのエネルギーにかかわっていることが、今回のモデリングで明らかになった。

「マイクロプラスティックは太陽光を宇宙空間へ反射するのが得意なので、冷却効果がもたらされるわけです」と、今回の論文の筆頭著者である大気科学者のローラ・レヴェルは言う。「ところが、地球からの輻射もかなりうまく吸収するので、ごくわずかに温室効果に加担する可能性もあります」

マイクロプラスティックは雪の結晶に似て、まったく同じものはふたつとない。多くの異なるポリマーでできており、色もさまざまだ。破片は環境中を跳ね回るうちに削れ、繊維は何度も何度も裂けていく。そして個々の粒子は、バクテリアやウイルス、藻類が生息する固有の「プラスティスフィア」を形成する。