国際体操連盟の渡辺会長が再選

渡辺守成氏
渡辺守成氏

国際体操連盟(FIG)は6日、トルコのアンタルヤで開いた総会で役員改選を行い、現会長の渡辺守成氏(62)が再選を果たした。各国・地域連盟の投票で理事のファリド・ガイボフ氏(42)=アゼルバイジャン=を81―47で退け、五輪実施競技では日本人で唯一の国際連盟(IF)会長の地位を守った。2期目となり、任期は2022年から3年間。

渡辺氏は17年にアジア人初の会長となり、18年に国際オリンピック委員会(IOC)委員に就任。新型コロナウイルス禍で東京五輪の1年延期決定後、五輪競技で日本に海外から選手を招いた初の国際大会を昨年11月に開催するなど豊富な実績、手腕が評価された。ガイボフ氏は統括団体トップを務める欧州を中心に一定の支持を集めたが及ばなかった。

総会は昨年の開催予定だったが、コロナ禍で1年延期。役員の任期も21年末まで延長された。(共同)