秋田の新高級米、先行販売 全国で開始、イベントも

先行販売が始まった秋田県の新高級ブランド米「サキホコレ」を購入する人=6日午前、秋田市
先行販売が始まった秋田県の新高級ブランド米「サキホコレ」を購入する人=6日午前、秋田市

秋田県は6日、来年秋の本格市場デビューを目指す新高級ブランド米「サキホコレ」の先行販売を秋田市の大型商業施設などで始めた。全国の米穀専門店や百貨店でも販売し、消費者の反応を調べる。

6日はPRのため、秋田会場と東京・銀座の百貨店でイベントを開催。銀座の会場では、秋田県出身で、お笑いトリオ「ハナコ」の岡部大さんが登場。「もちもちとして、優しい甘みがある」と語り、炊きたてのサキホコレで作った塩おむすびを頰張った。

サキホコレはふっくらとした食感と甘味が特徴で、地元秋田のほか首都圏を主なターゲットに設定し、先行販売で計400トンを売り込む。各地でブランド米の開発が相次ぐ中、消費者の認知度向上を図る。秋田会場での販売価格は2キロ1275円。