産経抄

11月5日

中国からはしばしば、こちらの度肝を抜くようなニュースが飛び込んでくる。習近平氏が中国共産党の総書記に就任した直後、2012年の出来事だった。重慶市北碚区共産党委員会の雷政富書記と愛人のみだらな姿が、インターネット上で流され大騒ぎになった。雷書記には汚職も発覚して、裁判で懲役13年の実刑判決を受けている。

▼今回は、共産党の元最高指導メンバーと著名な女子プロテニス選手のスキャンダルである。彭帥さん(35)といえば、テニスの四大大会ウィンブルドンと全仏オープンの女子ダブルスで優勝している。そんなスター選手が中国版ツイッターといわれる微博(ウェイボ)に、張高麗前副首相(75)と不倫関係にあったと、実名で告白する文章を投稿した。

▼投稿によれば、2人が関係を持ったのは張氏が天津市のトップだった時期である。引退した張氏から再び連絡があり、テニスを一緒にした。その後自宅に招かれ、性行為を強要されたという。何とも生々しい内容である。

ランキング

  1. 【産経抄】12月5日

  2. 【主張】愛子さまご成年 祝福と皇室の理解新たに

  3. 【主張】首相の賃上げ要請 官民協調で機運を高めよ

  4. 【主張】WTAの中止決定 中国への気骨ある判断だ

  5. 【浪速風】熱と誠があれば

  6. 【政治月旦】曲がり角に来た自公連立 国民のため…自民の信念問う

  7. 【産経抄】12月4日

  8. 【田村秀男の経済正解】財政支出拡大で経済成長は持続できるか

  9. 【正論】袋小路に追い込む「再毛沢東化」 東洋学園大学教授・櫻田淳

  10. 【主張】伊方3号再稼働 脱炭素電力で地域活力を