現在システムメンテナンス中です

会員記事の閲覧など一部サービスがご利用できません。
ご迷惑をおかけしますがご理解のほどよろしくお願いいたします。

2月27日(日)午前5時頃まで

サービス再開時間が前後する場合があります。

→詳細へ

一聞百聞

甲子園の「神整備」スパイクの歯ほど掘り起こす

「毎朝グラウンドの状態を見て、ベストな対応を探るんです」と語る金沢健児さん=兵庫県西宮市の甲子園球場(南雲都撮影)
「毎朝グラウンドの状態を見て、ベストな対応を探るんです」と語る金沢健児さん=兵庫県西宮市の甲子園球場(南雲都撮影)

兵庫県西宮市にある甲子園球場は、プロ野球・阪神タイガースの本拠地にして高校野球の聖地。巨大なスタンドや球場がもつ独特の雰囲気もさることながら、最大の特長は選手がプレーをしやすいグラウンドにある。土は、水はけがよく、硬すぎず軟らかすぎず、適度な弾力を保つ。まさに、「プレーヤーズファースト」のグラウンドづくりのたまものといえる。同球場にほど近い「阪神園芸」の甲子園施設部長としてグラウンドキーパーを束ねる金沢健児さん(54)に、メンテナンス術について聞いた。

経験に基づく勘で最善の対応

「神業とか職人芸とか、よく言われるんですが、それほどのことはしていないんですよねえ…」

甲子園球場1塁側ベンチで、困ったような表情を浮かべた。まずはわかりやすいところからと、野球シーズン中の日々のメンテナンスについて説明してくれた。

雨が多い日本では、グラウンドメンテナンスの仕事は雨との闘いになる。前日か当日の朝まで雨が降った場合、ぬれた土を乾かさなければならない。早く乾くよう、まずは土をほぐす。整備カーを使って「スパイクの歯が入る程度」(表面から2センチほど)まで掘り起こす。日光や風に当てて、ある程度、土が乾いたところで、今度はコートローラーという機械で軽く固める。

「簡単なようですが、作業をするタイミングが難しいんです」

早すぎると乾くのに時間がかかり、遅すぎると中の土が硬くなってグラウンド状態が悪くなってしまう。「足で踏んで土が光らない」というタイミング、つまり下から水が浮いてこない状態を見計らってほぐすのだという。

ランキング

  1. 「一帯一路」で物議 吉村知事、経済安保で港湾提携に関与も

  2. 3歳弟踏みつけ死なせた24歳姉が語った「劣悪」環境

  3. ガスボンベ破裂、意識不明の女性が死亡 兵庫・伊丹

  4. 【アディショナルタイム】韓国戦「誤審騒動」のホアキンに、三笘のVAR聞いてみたい

  5. 鉄板上にコンロ置き焼き肉、ボンベ破裂 兵庫・伊丹の飲食店、女性1人重体

  6. 明石・泉市長、国民民主の支援に期待「方向性一致」

  7. 地方の足は「定額乗り放題」 移住の24歳社長が挑む交通の未来

  8. 命失った68羽の献花台、来園者手向け続ける 和歌山・アドベンチャーワールド

  9. インボイス、導入まで1年も登録4割弱 小規模事業者「事実上の増税」

  10. 複数の園児に不適切行為 鳥取県が保育施設を行政指導

会員限定記事