広島市職員がワクチン4回接種 「感染に不安あった」

広島市は5日、市内に住む市職員の50代男性が、新型コロナウイルスワクチンを不正に4回接種していたと発表した。男性は患者を搬送する医療従事者として6月に優先接種を受けたが、7~8月に一般向けの枠でも受けた。市の聞き取りに「感染に対する不安があった」と話している。

市によると、男性は自宅に届いた接種券を使い、集団接種会場で3、4回目を受けた。全て米ファイザー製で、健康状態に問題はないという。接種記録を管理するシステムにデータを取り込む際、接種歴が判明した。