維新運動員に「1日1万3千円」 金銭授受も捜査

兵庫県警本部(本社ヘリから)
兵庫県警本部(本社ヘリから)

10月31日投開票の衆院選に兵庫4区から出馬し、比例復活で初当選を果たした日本維新の会の赤木正幸氏(46)の選挙運動員に、ビラ配りなどの対価として日当を支払う約束をしたとして、兵庫県警捜査2課などは5日、公選法違反(買収約束)の疑いで、兵庫県小野市三和町の会社役員、森宏成容疑者(70)を逮捕した。

逮捕容疑は公示前の10月上旬、自宅で運動員1人に対し、街頭で赤木氏のビラ配りをしたり、投票を呼び掛けたりする選挙運動の報酬として1日1万3千円を支払うと口頭で約束したとしている。

同課は捜査に支障があるとして、森容疑者の認否や約束をした運動員の性別、年代などを明らかにしていない。この運動員は赤木氏の選挙運動に従事したとみられる。

同課はすでに森容疑者宅など関係先を家宅捜索しており、実際に報酬の支払いなどの金銭の授受があったかについても調べる。